40代サラリーマンが早期リタイアを目指すブログ

リップル(XRP ripple)に積立投資をはじめました。

ビットコインが70万円を超えましたので、仮想通貨投資を再開したいと思います。

5月12日現在でビットコインが80万円を超えてきましたね。

仮想通貨(暗号通貨)に投資を再開

2018年のコインチェックにおけるネム(NEM/ZEM)の盗難事件以降仮想通貨は

遠ざかっておりましたが、ビットコインが息を吹き返しましたので再度投資を

再開することにしましたよー。

スポンサーリンク

ビットコインの現在

ちょっとわかりにくいチャートですが、2017年11月頃の価格まで戻しています。

このまま上がるようであれば本格的に上昇するかもしれませんね。

スポンサーリンク

なぜ、仮想通貨(暗号通貨)に投資するのか?

チューリップ・バブルとか揶揄され色々と言われていましたが、今後通信規格

で5Gや6Gの環境が整うと仮想通貨が突然使えるようになる可能性もあります。

コー@さん

仮想通貨は、インターネットの黎明期と同様に、ある日突然使えるようになる可能性を秘めているためです。

リップルが100倍?になったらどうですか?

 

投資する通貨はどうする?

投資する候補の通貨をどうするか?できるだけ安全で、今後も利用価値のあるもので

検証してみたいと思います。

 

①投資する通貨はプルーフ・オブ・ステーク(POs)が望ましい(51%攻撃を避けたい)

②実際の社会で使われている(使われるようになる)通貨が望ましい

③極端に値上がりしていない。

④アプリで管理できる

⑤不定期の積立になると思われるので、1単位が100円以下

コー@さん

LISKやイーサリアムも候補でした

 

結果として、リップル(XRP)が条件にあうものでしたので

リップルを273XRP購入しました。

コー@さん

スマホアプリで管理できますので、画像アップもしやすいです

リップル(XRP)とは?

リップルは国際送金や決済処理に特化した通貨です。

 

現在、コインマーケットキャップ上ではビットコイン、イーサリアムに次ぐ

時価総額があります。発行量が多いので、あまり値上がりしていないという

特徴もあります。また、仮想通貨にしては珍しい中央集権型の通貨です。

 

熱狂的な保有者(リップラー)が多く、ツイッター等でもたくさんの情報が

得られるのも安心感があります。

 

もともと送金スピードが早い通貨なのですでに評価が高いです。

ブロックチェーンを使用していない通貨としても有名ですね。

スポンサーリンク

使用する業者

リップルを扱っている主な業者は

◎コインチェック(Coincheck)

◎SBIバーチャルカレンシーズ(SBI Virtual Currencis)

◎ビットバンク(Bit Bank)

SBIバーチャルカレンシーズ

SBIはメインバンクなので、手数料的には有利ですが、取扱通貨が少ないです。

ビットコインキャッシュも取扱をやめるような発言もありましたしね。

 

ビットバンク

取引所でスプレッドが狭いのは魅力でしたが、あまり使用していなかったため

今回は見送ることにしました。

今後メインにする可能性は大いにあります。

 

コインチェック

コインチェックは初めて仮想通貨の口座を開いた業者で、使い慣れていること

アプリが使いやすいことなどがあり、取扱通貨も多いです。

 

結果として、コインチェックを継続利用することにしました。

 

今後の予定

今後は不定期になるかもしれませんが、リップルをメインに買い増しして

行きたいと思います。無理なく余剰資金で買い増しますので、定期購入には

できないかもしれません。

コー@さん

FXがやっぱりメインですね

 

他にも面白そうな通貨があれば買いましていくかもしれません。

レバレッジはかけられませんが、仮想通貨は色々自分の好きな通貨に

投資ができるのでこれはこれで楽しいです。

スポンサーリンク