40代サラリーマンが早期リタイアを目指すブログ

今週の不労所得 2019年2月2週(メキシコペソ、トルコリラ運用報告)

毎月そうですが、はじめの3日は先月にスワップが入っていますので

ちょっと合計がずれていますのでご承知ください。

今週はドル円を筆頭にレンジで緩やかに動いているだけでしたが、来週はスマホ

関連の報道がいろいろでいていますので、どこまで下がるのかと私は考えています。

今週の不労所得

今週は評価損益が1,158,090円

そのうち不労所得は63,440円の収入でした。

スワップが122円で安定していますし、トルコリラも20円後半で安定して

いますので買い増しはしませんが、安定していて安心できますね。

2月の見込み

メキシコペソか南アフリカランドが値ごろなので買い増ししたいですね。

2月もあまり変動が無いので申し訳ないです。

スポンサーリンク

3月の不労所得の見込み額

3月もこのまま高値ですとみんなのFXでは買い増ししません。

今年は5月のGWでフラッシュ・クラッシュ対策をした後に

本格的に投資を増やす予定ですので3月は24.5万円の見込みです。

 

現在の証拠金率は前後しますが、おおよそ400%です。

500%にすればフラッシュ・クラッシュに十分耐えられると思います。

スポンサーリンク

トルコリラの運用

今後もしばらくみんなのFXを使用します。Lot数を保持して、最大80Lotの保有予定で

余剰資金は、SBIFXトレードへ取引を移行して行く予定です。

 

SBIFXトレードのメリット

ロスカットは通常100%で強制ロスカットになりますが、

SBIのFXはトレードは50%を下回ったときにに全ポジションをロスカットします。

損は大きくなるかもしれませんが、ロスカットされる可能性が下がるのも魅力です。

 

ロスカット基準も口座全体と通貨別で設定することができますので、保有状況に

よって設定することができます。全通貨をなくしてしまいたくない時もあります

ので、選択できるのはありがたいですね。

スポンサーリンク

私の現在使用しているFX会社について説明

メインで使用しているFX会社はトレイダーズ証券の「みんなのFX」を使用しています。

なぜならスワップ金利が、現時点で一番高く、スワップのみ受け取りが出来るからです。

 

ポジションごとに決済が出来るのも魅力ですね。

みんなのFXはトレイダーズ証券が運営しています。

「みんなのFX」

良かったらリンク先でスワップ金利を確認してみてください。

各FX業者のスワップ比較

比較表を作り直しました。(2018年12月現在)

 

現状は、トレイダーズ証券(みんなのFX)のスワップが多いようです。

スワップポイントが126円まで上がりました、ほんの数ヶ月ですごい伸びですね。

(SBI FX トレードもロスカットが50%大丈夫なので投資候補には良さそうです)

トレイダーズ証券「みんなのFX」 並のスワップ金利がもらえる企業はサクソバンク証券ですが、レバレッジが低いため、私は現在使用していません。

やはり、条件が一番良かったのがトレイーダーズ証券「みんなのFX」 でした。

スポンサーリンク

複利運用にはスワップポイントだけ引き出せる口座が重要

また、スワップポイントだけ出金できる口座は私のように複利運用している人には

とてもありがたいと思います。

 

スワップポイントだけ決済できない企業も結構ありまして、

はじめの頃はよくわからず契約をしましたので契約会社だけが増えていきました。

複利運用について

別の記事にもさせていただいていますが、

複利での運用をすることによって効率的に資産を増やすことができます。

 

私のようにリフォームで元手がなくなってしまった人間には、まずは集中投資が

必要不可欠となってしまっています。

スポンサーリンク

口座を長期維持するために

私は安い時に買う、相場が荒れたら買う、高い時は様子を見るか売払を考えるように

しています、証拠金率と平均約定率を調整しながら運用しています。

 

みんなのFXはポジションごとに決済が出来るので、平均約定価格を下げることが出来ます。

意外とポジションごとに決済が出来ない業者がありますね。

 

スワップが20万円を超えるようになってきたら、証拠金を400%以上で

運用していく予定です、将来的には500%以上に調整したいと思っています。

 

高値圏のポジションの調整すれば自動的に証拠金率も上がってきますので

実効レバレッジももちろん下がりますので相場に張り付く必要がなくなります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク