40代サラリーマンが早期リタイアを目指すブログ

Zaif取引所 ハッキングか?

仮想通貨取引所のZaifがハッキングを受けたと報道がありました。

スポンサーリンク

仮想通貨取引所Zaifとは?

Zaif取引所とはテックビューロが運営する、仮想通貨取引所です。

コインチェックやビットフライヤーに並ぶ日本で有名な仮想通貨取引所の御三家の一社です。

参考:Zaif取引所

 

私はたまにビットコインの受け渡しを行うためにZaifを良く使用します。

理由は手数料が安いんです。

 

ビットフライヤーやコインチェックは「販売所」になるので「取引所」である

Zaifは手数料が安く、売買するときは思った値段で約定しないときもありますが

すぐに必要なとき以外はありがたい取引所になります。

 

板情報で売り買いしますので、FXや株の売り買いをする人は違和感なく使用できます

しかも手数料が安く、取扱通過も多いので仮想通貨を昨年から取引している人は

口座を持っているかと思われますね。

 

2018年の年末位から剛力彩芽さんのテレビCMでも有名になりました。

オリジナルの通貨COMSAを作ったことでも有名です。(世界最大規模の資産を集めたICOになります)

スポンサーリンク

不正アクセスの状況は?

ビットコインが67億円

MONAコインが現在不明

ビットコインキャッシュが現在不明

 

という状況でホットウォレットはサーバーを2次被害防止のため、停止してるので

全体の被害額はよくわかっていません。

 

参考資料

Zaifのホームページでも情報が少なく、アクセスが集中しています。

テックビューロとフィスコ、カイカのプレスリリースのリンクです。

参考:テックビューロプレスリリース(PRTIMS)

参考:フィスコ

参考:カイカ

 

コインチェックのときとの比較

コインチェックがハッキングを受けたときは580億円の被害がありました。

 

コインチェックが被害を受けたのはまだ仮想通貨市場に資金が潤沢な頃でしたので

被害額の保障をコインチェックは実施しました。

コー@さん

私もNEMが10万円分位戻ってきました、もちろんマイナスですが・・

その後、コインチェックはマネックス証券の子会社になって、今年の中間決算

では赤字に転落していると報道もありましたね。

Zaifの今後の対応は?

Zaifの資金は22億円、顧客預かり資金が44億円とのことです。

コインチェックのときとは違うので、多分戻ってこない可能性がありますね・・・

 

他にもMONAコイン、ビットコインキャッシュもハッキングされてるらしいけど

規模がわからないそうです。

 

ZaifはMONAコインの最大の保有先

ちなみにMONAコインはZaifが初めての上場先ですし、毎月積立でも人気の通貨です

現在の上場先でも一番MONAを保有しているはずです。

スポンサーリンク

まとめ

全体像はどうなってしまうのか全く予測がつかない状況ですね。

支援先はフィスコだそうですが、どこまで保障してもらえるのか。

 

また、今回の事件で通貨全体の価格が下落するのは避けられませんので、

保障してもらっても半分以下にしかならない可能性もあります。

テッックビューロの通貨COMSA等にも影響が波及してしまうかもしれませんね。

 

ビットコインなどの仮想通貨はウォレットを使用して自己責任で保管するのが、

コインチェック事件以降は必須だと思っています。

 

スポンサーリンク