40代サラリーマンが早期リタイアを目指すブログ

iDeCo(個人型確定拠出年金)早期リタイア後の運用シミュレーションをしてみた

サラリーマンでも、将来リタイアした時のことを考えてiDeCoのことをまとめてみたいと思います。

サラリーマンでもiDeCo

わたしは現在サラリーマンですので、企業型確定拠出年金に登録していまして、

毎月23,000円の掛金で運用中で、60歳まで運用すると880万円受け取れる計算です。

会社員の場合は所得により金額が変わってきます。

 

別の記事にて紹介していますので、よかったらみてくださいね。

参考URL:企業型確定拠出年金まとめ

 

私は早期リタイアを目指していて、確定拠出年金は退職後は運用を考えていませんでした。

というより、忘れていたので今回将来の運用に追加していきたいと思います。

 

とにかく税金がかからない、全額控除されるということが魅力の投資ですので。

スポンサーリンク

なぜiDeCoに投資するのか?

確定拠出年金は掛け金が全額控除され、運用益も税金がかからないという美味しい

投資物件となっています。60歳まで引き下ろせない事を除くとデメリットがありません。

確定拠出年金のメリット

1,掛け金が全額控除対象

2,運用益が全て無税

3,60歳以降、受取時の利益も全て無税

 

iDeCoのシミュレーション

早期リタイア後も節税効果を考慮しまして、掛け金いっぱいまで掛けたらどの様になるか

シミュレーションをしてみたいと思います。

コー@さん

私が使用しているSBI証券のiDeCoのサイトにシミュレーションがありましたのでそちらを利用してみました。

年齢確認

60歳未満を選択します。

職業を選択

私の場合は自営業で入れてみます。

国民年金を納付確認

「はい」を選択します。

iDeCo加入診断結果

年間81.6万円、月額68000円まで掛けられます。

必要項目を入力

年齢(始める年齢を入力します、目標の50歳程度で入れてみました)

年収(始める年齢の年収を入力します、今回は日本の平均年収が入っています)

移管資産(他の証券会社を利用していて切り替える場合に使用します)

運用利回り(現在の企業型年金と同等以下の5%で入力してみました)

扶養(配偶者、子供の人数を入力します、どうするかわからないのでなしで入力しました)

スポンサーリンク

 

リザルド結果

投資額816万円 運用益 約233万円

節税のメリットの内訳

所得控除 年25万円(10年253万円)

再投資される運用益47万円

受取時も無税になります。

スポンサーリンク

まとめ

掛金 毎月68,000円        (10年掛金 8,160,000円)

10年運用益 2,336,625円   総額10,496,625円(掛金+運用益)

掛金控除 年間253,600円  10年合計2,536,000円

再投資非課税 474,685円   受取時の利益も非課税

 

非課税と運用益と控除を足した合計

2,336,625+2,536,000+474,685=5,347,310円

ざっくりですが、掛金が800万円で500万円利益と節税が出来ます。

更に受取時も税金がかかりません!

 

確定拠出年金は税金についてのメリットが非常に高いと思います。

また、ふるさと納税と合わせるとかなりの節税効果があると思います。

 

収入がある人は全員がメリット有ると思いますので、一度シミュレーションを

してみることをおすすめいたします。

スポンサーリンク