40代サラリーマンが早期リタイアを目指すブログ

定年退職後の生活費(年金受取り額備忘録)

定年退職した後の生活費と年金受取り額をシミュレーションして見ることにしました。

年金は一体どのくらいもらえるのか?

以前の記事でも確定拠出年金をまとめてみましたが、

厚生年金と確定拠出年金をあわせた合計金額を出していませんでした。

 

今回は厚生年金と合わせて実際に65歳になった時に私がどのくらいもらえるのか私の

実際の金額を備忘録として書き出してみたいと思います。

スポンサーリンク

ネットやメディアでの噂は本当か?

ネットや雑誌等のメディアに出てくる話では定年後は数千万円必要だ

とか生活費は30万円位必要とかあおる方がいらっしゃいますが、本当なのでしょうか?

 

一般的な会社員にアンケートを取ったところ、定年退職後の必要な生活費は最低20万円

から最大28万円程度と言われています。

ちびダイナ

ぜんぜん違うね
老後は体力がなくなるからな、遊ぶお金もかからないからそんなに生活費いらないだろ

ロボくん

コー@さん

そうなんだよ、早くリタイアしないと遊ぶ元気も気力もなくなって、人生楽しめないんだよ

私の生活費

私は早期リタイアを目指しているので現在の支出を家族分も合わせてシミュレーション

してみましたが、現在と同水準であれば(食費を除く)13万円程度で収まります。

食費を入れても23万円あれば十分に生活が出来ると考えられます。

(投資からの金利や配当金も有るので家電買い替えやリフォームなどを除外した話です)

スポンサーリンク

確定拠出年金の受取額

 

確定拠出年金の標準の拠出期間は60歳までとなっています。ですが、設定することによって65歳まで入金する事が可能となっています。

運用結果、65歳まで運用した場合は、中心値で1114万円です。

私の場合は65歳まで入金予定で計算

運用利率は現在と同等より少し下がった5%で計算

受取額は10年、15年でフラットにしています。

 

確定拠出年金受取額 10年定額の場合

65歳から受取開始で、10年間分割して受け取る場合です。

 

毎年111万円受け取れます。74歳時は438万円

(4年分に相当ですので、14年分とします)79歳

毎月約9万円づつ生活費に当てられます

 

確定拠出年金受取額 15年定額の場合

65歳から受取開始で、15年間分割して受け取る場合です。

毎年74万円受け取れます。79歳時は677万円

(9年分に相当ですので、24年分とします)89歳

毎月約6万円づつ生活費に当てられます。

スポンサーリンク

厚生年金+確定拠出年金

厚生年金の受取額は付き15万円のシミュレーションが出ています、

確定拠出年金と合計金額は

10年間で受け取った場合

15万円+9万円=24万円  純受取期間75歳まで

最大14年分(79歳まで)

15年で受け取った場合

15万円+6万円=21万円  純受取期間80歳まで

最大24年分(89歳まで)

 

金額としては10年分割が理想ですが、年数や年齢で考えると15年分割が現実的です。

長くても80歳位には生涯の幕を引ければいいなと考えていますので、そこまで持てば

十分でしょう。

65歳まで頑張って働いても、これしかもらえないのか

ロボくん

コー@さん

そうだね、だから運用が必要なんだ
私も運用始めようかな

yumi

 

サラリーマンを65歳まで続けた結果

年金は毎月21万円から24万円もらえる事がわかります。

贅沢をしなければ生活は出来るレベルだと思いますがいかがでしょうか?

 

将来、年金は収入の一つとして捉えていきたいと思います。

スポンサーリンク

まとめ

年齢とともに生活費はかからなくなっていきますので、私の場合でも厚生年金と

確定拠出年金を組み合わせれば最低限の生活が出来るのがわかりました。

 

しかし、65歳まで真面目に働いて、月収が24万円以下になるのは多少我慢が

必要だと感じますね。また、65歳でリタイアして、旅行にスポーツにという生活は

体力気力ともになかなか難しくなると思います。

 

私は早めにリタイアして人生を楽しいものにしていきたいと思います。

そのためには年金だけに頼らず、運用での収入もしっかり計画していく必要が

有ることを再認識させられました。

 

私は早期リタイアを目指していますので、老後にも活用できる投資を増やす予定です。

スポンサーリンク